海外ロングステイのアジアは人気

海外へのロングステイ滞在地はアジアが多くなっています。

なぜアジアを選ぶ人たちが多いのか、それは日本からの直行便の数が多いということと、到着までに要する時間も短いということが理由のようです。

アジアの人気滞在地へは近いところで4時間程度、遠くても8時間程度で行けるのです。長時間の飛行機移動は楽しくありませんので、アジアくらいの距離がロングステイ地として適していると思われます。

次に挙げられるのは物価の安さです。それと治安が良いということも安心ですね。そのような理由もあって海外ロングステイ先はアジアが多いのでしょう。実際に多くの人々が暮らすタイやマレーシアは、アジアの中でも一番の候補地となっているのです。

また都市を希望するのか、リゾートが望みなのかによっても選択が異なります。国や都市が違うと環境もかなり変わります。そこで暮らす人の感じや街の雰囲気も全然違っているのです。

賑わう都会や充実した設備を必要とする人たちには、クアラルンプールやバンコクなどが断然人気が高いです。最近では香港や上海、ホーチミン、ハノイといった都市も人気が上がってきています。

昔の良き時代を思い出しそうな落ち着いた街ならチェンマイやコタキナバルがお薦めです。砂浜や海がきれいな文句のないリゾートを望むならプーケットやバリがよいです。

また地方都市の良さとリゾートの良さの両方を兼ね備えたペナンやセブというところもあります。自分のイメージに合った滞在先がきっと見つかることと思います。

都会では、交通の便や生活面など都市機能が充実していることでしょう。そしてリゾート地では、都会にはないゆったり落ち着いた暮らしの時間がありますね。

ロングステイの目的に合った滞在地を慎重に選ぶことで、理想とするライフスタイルを得ることができると思います。

とくにアジアの中でもタイは滞在した人たちからの満足も高い国です。歴史的にも日本との関わりが深いタイは仏教が盛んな国です。治安も安定しているので数多くの移住者やロングステイヤーが滞在しています。

また食生活も日本と同じく米が主食になっているので馴染みやすいです。タイは微笑の国と呼ばれており人々の親しみやすい人柄が喜ばれているのです。

経済産業省所轄の財団法人ロングステイ財団によるロングステイの定義

ロングステイとは、主たる生活資金の原資は日本国内にあり、現地での労働や収入を必要とせず、「移住」や「永住」ではなく日本への帰国を前提とする「海外滞在」で比較的長期(2週間以上)にわたる滞在のこと。

短期旅行者向けの宿泊施設(ホテル等)ではなく、多くの場合生活に必要な施設(キッチンなど)が整っている宿泊施設や適切な「住まい」を保有または賃借する。

普通の海外旅行のような短期間の観光・ショッピングのような非日常的体験を目的とするのと異なり、ロングステイはその国の文化に触れ日常的生活の体験を目的とする。

海外でより豊かな自由時間を過ごし、現地の人々との交流などの余暇活動を行うことにより、その地域社会に貢献し国際親善に寄与すること。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ