病気対策は「旅行用英文診断書」、「旅行用英文医療証明書」で

海外でロングステイする際には病気になったときの対処を考えておいたほうがよいでしょう。いざというときに役に立つのは「旅行用英文診断書」や「旅行用英文医療証明書」です。出発の際には準備しておくことをお勧めします。

医師が患者を診るときには知りたいとする基本的な情報が2種類あるのです。一つ目はそれは今がどのような症状なのか、そして二つ目は今までにかかった病気や薬に対しての反応やアレルギーなどの既往症なのです。

海外ですから言葉が通じないかもしれません。しかし、お腹が痛い、頭が痛い、のどが痛い、熱が高い、嘔吐するといったような症状については、言葉でなくてもどうにか伝わるようなことだと思います。

患者が頭を押さえて痛そうな表情をすれば、頭痛がするということが理解できるし、お腹が痛いということも見ればだいたいわかるものです。そのようなことはジェスチャーで伝達することが可能なことです。

ただし、既往症やアレルギーはわかりません。病気の診断には定期的に服用している薬の有無や種類は何かという情報が必要になるのです。薬に対するアレルギーについては生命に関わってくる可能性もあります。

これらは正確に伝えなければならないことです。そこで、「旅行用英文診断書」や「旅行用英文医療証明書」が必要になってくるのです。

これらの書類は、どの病院でも制作を依頼することが出来る訳ではありません。書類作成には相当な英語力が必要とされますので、誰でもということにならないのです。

ではどうすればいいのかというと、「日本旅行医学会」のウェブサイトに「認定医リストマップ」がありますので、その中から自分の地域を選択してください。

一覧表の右側に「英文診断書の作成」の項目があります。この欄に2重○または○の印がついている最寄の病院へ連絡してみてください。2重○は複雑で専門的な内容まで対応できる、○のほうは一般的な内容に対応できる。

これらの書類を作ってもらうにはそれなりの費用がかかりますが、備えあれば憂いなしです。

ツアー旅行と違って海外ロングステイはマイペースにすごせるので、ちょっと疲れ気味だなと思ったら、何もしないでただのんびりとすごす日を作るといった健康管理も大切です。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ