タイ北部最大の都市チェンマイ

タイでの海外ロングステイで、滞在地として人気のある都市は、首都であるバンコクとなっています。 そのバンコクについで人気のある都市としてあげられるのは、チェンマイがあります。

海外ロングステイでチェンマイを滞在地として選択する上で、チェンマイはどのような都市となっているかを事前に調べることで、よりいっそう海外ロングステイでの生活を充実させることができます。

チェンマイはバンコクから北へ約700キロのタイ北部に位置しています。 かつてはランナー王国の都として栄えていました。

チェンマイは周りをミャンマーや中国、ラオスに囲まれていることから、現在でもチェンマイ人同士での会話にはチェンマイ語を使う、独特の文化を持った古都となっております。

深い山々の麓にある地形から、大自然と都会とがうまく調和している発達したタイ北部最大の都市で、北方のバラとも呼ばれており、多くの人々を惹きつける魅力を持っており、外国人観光客も数多く訪れています。

チェンマイは、昼間は暑く年間の平均気温は26度となり、バンコクよりも2度ほど低く少し涼しい気候となります。 日中は暑くほぼ30度を上回ります。

しかし山間部に位置していることから朝夕の冷え込みが激しく、乾季には気温が10度を下回ることもあります。

街の規模はそれほど大きくはありませんが、ショッピングエリアやホテルも充実しており都会の条件は一通り備えています。

城壁の残る歴史的な街の風景は、バンコクとは違いどこか懐かしさの漂う落ち着いた感じがあり、チェンマイ市民の穏やかな人柄に魅かれ、日本からの海外移住を果たしたロングステイヤーの人たちも数多く滞在しております。

経済産業省所轄の財団法人ロングステイ財団によるロングステイの定義

ロングステイとは、主たる生活資金の原資は日本国内にあり、現地での労働や収入を必要とせず、「移住」や「永住」ではなく日本への帰国を前提とする「海外滞在」で比較的長期(2週間以上)にわたる滞在のこと。

短期旅行者向けの宿泊施設(ホテル等)ではなく、多くの場合生活に必要な施設(キッチンなど)が整っている宿泊施設や適切な「住まい」を保有または賃借する。

普通の海外旅行のような短期間の観光・ショッピングのような非日常的体験を目的とするのと異なり、ロングステイはその国の文化に触れ日常的生活の体験を目的とする。

海外でより豊かな自由時間を過ごし、現地の人々との交流などの余暇活動を行うことにより、その地域社会に貢献し国際親善に寄与すること。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ