ホテル並みのサービスと最新医療設備が整う私立病院

海外ロングステイでは滞在先国の医療体制がどうなっているのか、その充実度が生活する上で重要なポイントになるでしょう。

例えばロングステイ先として人気の高いタイについて紹介すると、欧米や日本などの医療先進国で医学を学んだ医師たちが数多くいますので医療レベルは非常に高いです。

またバンコクをはじめ海外ロングステイで人気の高い都市では、国公立や私立で一流と呼ばれている設備の整った病院が数多くありますから安心です。

しかし国公立病院では、治療費が安いので、どこもいつも混雑しており待ち時間が長いことが普通です。ですから場合によっては受診をするだけで一日を費やすことも珍しくありません。

したがって海外ロングステイをする場合の選択基準としては、設備が整っており診察をスムーズに受けることができる一流の私立病院をお勧めします。

取り分け最先端の医療設備がありホテルのようなサービスを受けられる私立病院では、24時間体制での診療システムになっているのです。

そのような日本人向けの病院には日本語で会話出来る医師もおり、また日本語の通訳スタッフも常駐しています。つまり病気になっても安心度は非常に高いといえます。

ただし日本のように健康保険が適用されないので治療費は相当高いです。かなりの高額な支払いは負担が大きくなるので大変です。ですから旅行会社で手配してもらえる旅行保険には必ず加入しておきましょう。いざというときには旅行保険が適用されますのでキャッシュレスで治療を受けることが保障されます。

タイには3月から5月に暑季と呼ばれる一番暑い時期があります。中でも4月は平均気温が30度を超え、最高気温が40度にもなることもあります。その時期は日射病や暑気あたりに充分に注意をする必要があります。

暑い季節は水分補給が大切になりますが、タイの水道水は飲料には適していないのです。そのまま飲むと体調に影響することもあり、必ずペットボトル入りのミネラルウォーターなどを飲料しましょう。

6月から10月の雨季には1日に何度もスコールが降り湿度が高くなります。気温も高いので食中毒には充分に注意する必要があります。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ