海外ロングステイでのペナン島の住まいと滞在費

海外ロングステイで人気の滞在地であるペナン島について調べてみましょう。

マレーシアのペナン州は人口が約150万人で、ペナン国際空港を有しており、外国企業も数多く進出している。産業の重要な拠点でもあります。またインド洋のエメラルドと呼ばれるマレーシア有数のリゾート島です。

ペナン州政府が、海外からのロングステイの受け入れを推進しているだけに、海岸沿いにコンドミニアムやサービスアパートメントや、フラットが数多く建っています。

日本人の海外移住者や海外ロングステイヤーはそうした集合住宅に住むことが多く、家具付きの清潔で経済的なフラットで約1500リンギットから、サービスアパートメントで約2000リンギットからあります。

コンドミニアムは契約が基本的には1年以上ですが、場合によってはそれ以下の期間での賃貸ができるところもあるようで、保証金が2ヶ月で家賃は約1700リンギットからあるので交渉してみるのもよいでしょう。

ホテルは中級で1泊150リンギットから、高級なところで約250リンギットからあり、中級ホテルでは長期滞在用に月極め料金を設定しているところも多く、月々約3500リンギットからあります。

ペナンでの海外ロングステイにかかる滞在費は、夫婦2人の予算で、住居費を抑えた場合には光熱費と合わせて約2000リンギット、食費は日本食をたまに外食した場合約1000リンギット、交通費や趣味にかかる遊行費と雑費が約1500リンギット、合計4500リンギットとなり日本円にして約14万円で暮らせます。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ