プーケットはビーチよりもタウンがお薦め

海外ロングステイで人気の滞在地であるプーケットについて調べてみましょう。

プーケットはタイの南部にあるプーケット県です。プーケットという海岸のリゾートはその中のプーケット郡にあります。

プーケット国際空港を有しており、1980年以降は、国際的リゾート地として発展してきました。しかし2004年のスマトラ島沖地震で発生した大津波に襲われて大きな被害を受けた。現在は急速に復興を進めている。

プーケットは観光客の多いビーチの宿泊施設はかなり割高なので、むしろビーチよりもタウンと呼ばれている島の南東部にある街が海外ロングステイに適しています。

タウンは観光客よりもむしろ地元の人たちの生活の場となっており、地方都市の雰囲気を持っていて比較的リーズナブルなホテルやサービスアパートメントなど、一般のアパートなどがあります。

宿泊の予算は中級ホテルで1泊約1000バーツ、コンドミニアムで月2万バーツ程、サービスアパートメントで月3万バーツくらいであります。

一般のアパートでも月6千バーツくらいでエアコン付きの清潔な部屋もありますが、キッチン付きやバスタブのある部屋はまず望めないようです。

また、ビーチ沿いのコンドミニアムやサービスアパートメントを望む場合には、これらタウンと比較すると月1万バーツくらいは確実に割高となっております。

滞在費は、プーケットタウンの場合には、バンコクとあまり変わらず月に5万5千バーツ、16万円強くらいで暮らせますが、ビーチ沿いのリゾート地に滞在しようとすると、物価もかなり高くなりますので、快適な生活を維持するには少なく見積もっても月7万バーツ、約21万円くらいは必要となります。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ