海外ロングステイで新たな選択肢

世界保健機関の世界保健報告」によると、日本人の寿命の平均は女性が86歳、男性は79歳と世界でも最長となったようです。

今現在、海外ロングステイに関心を持っている人々は、50代から60代のリタイア前後の新たな人生を考えている世代が多く、退職後の長い第2の人生をどのように過ごすか、どうやって充実させていくか、どう生きていくか、と今後の人生を積極的に見つめている人々が増えてきたことが、関心の大きな要因となっているようです。

最近では、30から40代の世代の人々にも需要が増えつつあります。 その世代で海外ロングステイに興味を持つ人々は、まだ余裕のあるうちにゆっくりと時間をかけて退職後の人生を見つめていこうと考えているようです。

これから団塊の世代が次々に定年を迎えていくことになります。 しかし今の日本では小子高齢化社会が大きな問題となっており、それに関連してもらえる年金の額に対する将来的な不安も覚える経済的状況もあることから、こんな状況でも何とか限られた退職後の予算の範囲内で安定した生活を過ごしていきたいといったその世代の願いを現実のものへと叶えてくれるのが海外ロングステイではないか、このような考えが海外ロングステイに大きな関心を持つ要因になっているようです。

体力、気力のまだまだ衰えていないこの世代の、人生におけるもう一つの選択肢として新たに生まれてきたのが海外ロングステイです。

日本ではゆとりの生活を得る事が難いこいうとも海外だからこそできる。 そうした生活を望むのは、目的や過ごし方が違っていても、海外ロングステイに関心のある人々全てに共通している事です。

訪問先の異文化に自分を置くことで、日本での生活とは違った環境で暮らし、気負いもなく過ごしていく、そうした暮らしの中で生きることで充実感を得ることができる、そんな人生の醍醐味は海外ロングステイならではでしょうか。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ