タイは物価も安く治安もよいほうです

海外ロングステイは、日本のいやな時を避ける生活でもあるといえます。 どういうことかというと、日本にはいたくない季節を避けることができるのである。

具体的に表現すれば、避暑、避寒、そして避梅雨や避花粉などが可能です。 日本の夏ほど、蒸し暑い季節はそうはありません。

オーストラリアのブリスベンは亜熱帯に属するので非常に暑いと思われがちだが、 一番暑い1月でも月別平均最高気温は29度、最低気温のほうは21度。

真夏日と熱帯夜の連続する日本の夏とは比べ物にならないほどすごしやすいです。 よってエアコンなどない家のほうが多いくらいです。

これはニュージーランドやカナダ、スコットランドでも同様です。また日本は、冬もかなり厳しくなります。亜熱帯のブリスベンなら冬らいい冬はなく、一番寒い7月の月別平均最低気温も10度です。 最高気温のほうは21度まで上がります。日本で言えば4月上旬くらいの陽気となります。

花粉症の人には避花粉は魅力的であると思います。 海外ロングステイ常連派で意外と多いのが、このタイプの人たちです。 スギをはじめとして強力な花粉の飛び散る2月後半から4月いっぱいの日本を避けるのが目的です。

こうした日本のつらい気候を避けることができるのが海外ロングステイだが、 滞在先の気候を考えるのもお忘れなく。

梅雨を避けたつもりが雨季に突入しては悲劇となります。 日本にいたくない季節はいつかと滞在先でいい季節はいつかをうまく組み合わせれば、理想的な海外ロングステイが実現できるだろう。

微笑みの国と呼ばれている仏教国家であるタイ王国は、日本と同じく米を主食とした農産物の豊かな国です。

タイの王室と日本の皇室との関係が深く、互いに国が親しみを感じている国同士となっています。 穏やかで年長者を敬う国民性であり、日本よりも物価が安く、治安も比較的安定しており、海外ロングステイの滞在先として人気を高めています。しかし、都市部の観光地域では比較的英語が通じますが、その他の都市からはなれた地域では殆ど通じないこともあるので、タイ語を少しでも覚えることでロングステイの充実度も違ってくるはずです。

国内での都市間交通は、日本のように鉄道網は発達していません。 タイ鉄道公団の運営によるバンコクから南の国境までが1本、北のチェンマイまでが1本あり、東北部の国境近くまでの2本、合計4路線の主要本線と数本の支線があるだけで、各それぞれの鉄道の本数も少ないです。 その鉄道に比べて長距離バス路線がとても発達しています。バンコクには北・東北バスターミナル、南バスターミナル、東バスターミナルの方面別ターミナルが3箇所にあり、国内の主な地域への路線を網羅しています。

そして空路は10社近くの国内航空会社が、バンコクを中心に主要地方へそれぞれ毎日数多くの便が運行しています。

タイは観光立国で外国人が犯罪の被害にあわないようツーリストポリスによる旅行者保護等に力を入れています。

ですので凶悪事件に巻き込まれることは少なくなっています。 しかし、スリやひったくり、空き巣などが意外と多く発生しています。 また観光地では、旅行者をうまくく自宅などに誘いこんでトランプ詐欺や麻薬売買などがありますので、こうしたことに関わらないように注意しましょう。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ