食費や遊興費は安いが住居費は安全を考えて節約してはいけない

定年退職をした後に海外ロングステイを考えている人は、年金を費用のベースに考えていると思います。しかし年金だけしか収入がない人の場合は、年金のみで費用をすべて賄うということでは難しい状況もあることでしょう。年金以外にも収入がある人の場合には、余裕のあるロングステイ生活ができます。

アジアがロングステイ先の場合には、滞在先での食費や交通費、そして趣味として行うフィッシングやゴルフなどにかかる娯楽費は日本よりも安いことのほうが多いでしょう。

またロングステイの国への往復航空券については、どこの会社で手配するのかという方法や、航空券を買う時期によってかなり金額がことなります。時期によっては大幅に安く購入できることもあります。

しかしながら住居関係にかかるお金については一律で安いというわけではありません。行き先の国々によって多少なりとも違いはありますが、節約を考えるあまり価格の安い物件にすると問題もあります。

それは価格によってセキュリティー面、安全性にも差が出るからなのです。日本は安全は無料といわれていますが、海外ではそのような考えは通用しないのです。安全にはお金がかかることが常識です。

言葉も習慣も法律も違う外国で暮らすのですから、居住に対する安全は必ず確保しておかなければなりません。大きな不安が残ることになってしまいます。不安を抱えたまま生活したのでは楽しむはずのロングステイが台無しになってしまいます。

その国でのセキュリティが一定レベルを超える物件を確保する必要があります。セキュリティガード(警備員) が住居や敷地のなかに24時間体制で常駐しているなどセキュリティー面で充分納得できる物件を選択しましょう。

予算にもよりますが、安心できる住居環境が一定レベル以下にならないように、その他の節約できる費用など他の支出とのバランスを考えることが必要です。

サブコンテンツ

お勧め情報

ここ

このページの先頭へ